FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
11.12

東日本大震災から4年8カ月

朝晩寒くなってきました。
落ち葉の掃除をしながら季節が流れているのを感じる時期です。

震災から4年8カ月。
11月5日の津波防災の日に関連し先週は色々な訓練やイベントが開催されていましたね。
我が家も子供達と談話をしました。
息子の4年前の避難所生活について聞いてみると「楽しかった」という感想に。
日常と違う生活に刺激があり、自分にもしっかりとした役割を与えられ人と人との関わりの深さが
きっと「楽しかった」という感想になったのだと思います。

子供達は人の為に動きたい、「ありがとう」と言われる経験が成長させるものなのだと思いました。
震災はなかった方が勿論良かったものの、気づかされた部分も多く
震災の時に経験した人の為に動く=楽しいという、せっかく芽生えた気持ちも
日々の生活のなかでも引き続きつながるような経験を与えられたらとも思いました。

そう思ったのも、新聞の投稿記事で電車で席を譲った子供に
「私は立っていられるからいい」と断った方がいて、
子供の優しい勇気が嫌な経験として終わってしまったという内容を読んだからで
断るのも「ありがとう。でも大丈夫」と子供の気持ちを汲んだうえでのやり取りが必要だと感じました。

私にとっては忙しい生活の中で、子供たちにかける言葉を再び見直すきっかけにもなりました。

話は変わって

昨日のニュースで

復興庁によりますと、避難生活による体調の悪化などで亡くなった、いわゆる「震災関連死」は、ことし3月末現在で、福島県で1914人、宮城県で910人、岩手県で452人、茨城県で41人、千葉県で4人、長野県と神奈川県でそれぞれ3人、山形県で2人、東京都と埼玉県でそれぞれ1人の、少なくとも合わせて3331人となっています。

とありました。福島県では「震災関連死」で亡くなった人が、津波など震災の直接の影響で死亡した人の数を上回ったそうです。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://mamanote2011.blog.fc2.com/tb.php/309-b6975a61
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。