FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
12.12

東日本大震災から4年9カ月

あっという間に季節は12月になりました。

あの日から4年9カ月。
忘れる事の出来ない出来事と思いつつも
少しずつ形を変えた記憶となっている現実があり
私の中では、YouTubeの映像を見たりしながら
当時の揺れの恐ろしさを再確認したりしております。

家具倒壊の恐ろしさがあるので
今でも背の高い食器家具や寝室に家具を置けない
殺風景な我が家です。

さて、震災後にビートたけしさんがインタビューで話された「『被災地に笑いを』なんて戯れ言だ
の中での言葉

常々オイラは考えてるんだけど、こういう大変な時に一番大事なのは「想像力」じゃないかって思う。今回の震災の死者は1万人、もしかしたら2万人を超えてしまうかもしれない。テレビや新聞でも、見出しになるのは死者と行方不明者の数ばっかりだ。だけど、この震災を「2万人が死んだ一つの事件」と考えると、被害者のことをまったく理解できないんだよ。

 じゃあ、8万人以上が死んだ中国の四川大地震と比べたらマシだったのか、そんな風に数字でしか考えられなくなっちまう。それは死者への冒涜だよ。

 人の命は、2万分の1でも8万分の1でもない。そうじゃなくて、そこには「1人が死んだ事件が2万件あった」ってことなんだよ。


改めて、一人一人の身に起きた震災があるのだと思い返しておりました。
沢山の方のご冥福を改めてお祈りいたします。

何もできないけど、できる事から少しずつ心がけたいと思います。
最近息子が読んでいる本
「もしものときのサバイバル術 (学研まんが入門シリーズ)」
これもなかなか面白いです。
子供なりに真剣に読んでいます。
自然災害。イメージする事と知識を持つことは凄く大事なことですね。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://mamanote2011.blog.fc2.com/tb.php/310-bcb61678
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。